sous le gui スゥルギ

facebookページへ

冬の庭の楽しみ 2013年1月20日

寒い寒い毎日だといっても、日中太陽の光が当たる時間帯はほんのり暖かい。
風がない午後は少しお庭に出て植物たちを見て歩く。
小さなほんのわずかな変化だからこそ、
心がざわざわしている時は見過ごしてしまう。
心に余裕のある日の午後だからこそ気がつける。
植物たちの春を迎える準備が、
少しずつ始まっています。
スゥルギのお庭も少しずつ動き出しています。


スノードロップ。
球根の芽吹きは、本当に可愛らしく幸せな気持ちにさせてくれる。

アカシアの花芽もたくさん。
暖かくなるころには綺麗な黄色を見せてくれることでしょう。

クリスマスローズの花芽。愛おしい。食べちゃいたい。
枝にも芽吹きが見られる。


フェチダス。もうすぐにでも咲きそうな蕾。
ちょこっと顔をのぞかせているくらいが可愛い。


三角葉アカシア。植え替えた直後は元気がなく心配していたけれど、
花芽もたっぷりすくすく成長中。


クリスマスローズ スノーフィーバー。
葉っぱの綺麗なクリスマスローズなので花はちょっと控えめ。
控えめな所が良い所。


どこから落ちたのか、どこから来たのかわからない。
なんだかわからない種?からも芽が出ていてかわいい。
こういうのを見つけた時、すごく幸せになります。


リプサリスの先端にも花芽らしきものが。
楽しみだな~。

この時期から春にかけての植物の勢いは控えめでいて力強く、早い。
ちょっと気をぬくとその可愛さを見過ごしてしまいます。

ちょっと落ち葉をどけてみたり、
古い葉を整理したり、剪定したり。

寒い寒い毎日ですが、
庭の植物と会話する時間を持つことって大切です。

スゥルギを始めていなかったら、
気が付くことができなかった楽しみです。

新しい季節を迎える準備、私はできているのかな?
植物のように、ちゃんと芽吹くことができるように、
しっかりと準備をしていかないと・・・なんて気持ちにさせてくれます。
春、待ち遠しいですね。

SOUS LE GUI 片桐恵美子
名古屋市千種区新池町2-8 エスポア東山1F


fleurs et plantes