sous le gui スゥルギ

facebookページへ

みなみ信州 2011年4月13日

昨日、名港フラワーブリッジさんと、
お世話になっているプランツパートナーさんと一緒に
みなみ信州のダリア、バラの産地見学に同行しました。


とんでもなくのどかで空気の澄んだ山の麓で作られていた
ダリア。
遠く山の上にはまだまだ雪が残っています。


のびのびと育っていたダリア。
こんなに背が高く、立派に葉が茂っている様子に
驚きました。
ハウスの中はとても暑く、繊細なダリアがこの環境で育つことに
びっくり。
ダリアといえば、キーパーの中で涼しくして保管しないと、
翌朝には萎れている印象が強いのですが、
大地と繋がっている時は、こんなにも丈夫。すごい。


みなみ信州のダリアは、ハウスで栽培されているので
年中出荷が可能。
ダリアといえばつきもののにょろにょろ長いイモムシも
ほとんどつかないそうです。
これはシンデレラ。
生産には向かないそうで、出荷はされないダリア。
綺麗な球体と発色で仕入れてみたいと思ったのに、残念。
市場に出回ってくるまで、何度となく実験、試行錯誤され
育てやすく丈夫で美しいダリアが選ばれるそう。
何年もの歳月をかけ、世に出回りだす品種たち。
産地の方々の苦労は計り知れない。


砂漠。絞りが綺麗にでていて、うっとり。
太陽の光の下で、いっそう白が輝いていました。


堀木さんのバラ園。出荷が終わっているので、
咲いているバラはなく、立派な株がずらり。


人気のアブラハムダービー。柔らかいつる性のバラ。
優しく花首が輪ゴムで支えられていました。
太陽の光の下、やはり宝物のように輝いて見えます。


出荷されずに残ったバラたちは、最後の最後まで綺麗に咲いていました。
切り花だとなかなかこうはいかない。
香りもほのかにあり、女の子たちはみんなうっとり。

人気のバラが勢揃いの堀木バラ園さん。
次に名港に入荷されてくるのが楽しみ。
堀木さんのバラは、ロゼッタ咲のものもしっかり最後まで咲いてくるという。
タイミングが悪いのか、愛情不足なのか、
これまで二度もアブラハムダービーを、咲かしきれなかった私。
次こそは、綺麗に咲かせて見せます。

農場でのびのびと強く生きているバラを見て、生産者さんのお話を聞き、
また一本の花の尊さを再確認しました。


この時期のリンゴの木。
リンゴのために仕立てられたその姿。かっこいい。
見とれてしましました。

リンゴ収穫できる頃、また行きたい、そう思える良いところでした。

 

SOUS LE GUI  片桐


fleurs et plantes