sous le gui スゥルギ

1月もすでに中旬。
新年のご挨拶をするにはずいぶんゆっくりなスタートになってしまいましたが、
1月9日より今年の営業を始めています。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


元旦の朝、私恒例の初日の出を見に行きました。
富士山までいく元気はなく、伊良湖の方で海からの初日の出を見ました。
今年の元旦は日本中いいお天気で、どこも最高の初日の出が見れたのではないかと思います。
年末なかなか疲れきっていて、初日の出はあきらめようかと思っていたのですが、
年末年始の晴れマーク続きの天気予報を見て、
見に行かなかったらとんでもなく後悔する自分が想像できたので、疲れた体に鞭を打って出かけました。
一年の始まりに早起きして寒い中日の出を待つということが、私にとって大事な時間です。


恒例の初日の出を見るというルーティンは、
もう15年も前に一緒に東京へ出たリカちゃんと始めたもので、
年末年始をダラダラ過ごすのはやめようと10年くらい前から始めた事なのですが、
今年は初めて中島と二人で行く初日の出となりました。
リカちゃんとの話は話せば長くなるので、置いておくのですが、
東京で個人でスタイリストをしている友人です。
仕事を持った二人が毎年年末年始に合えばおのずと話すことは仕事の目標であったり、夢であったり。
その中でも、もう何年も前から、スタイリストとして独立したころからずっと、
初日の出ツアーが終わるのは、リカちゃんが紅白で仕事をする時だと話してきました。
紅白で出演するアーティストの衣装を担当すること。
それが今年の年末に叶ったのです。
追い続ける夢や目標を叶えることは簡単なことではありません。
40歳手前の私にとって、夢や目標を持つことでさえなんだか難しいことになってきています。
リカちゃんがついに紅白の衣装を担当したこと。(ちなみにPUFFYの衣装です。)
これは私にとってとても感慨深いもので、
いろいろある中でもついに夢をかなえたリカちゃんを誇らしく思うと同時に、
私もまた新たに、自分の人生を、そして2017年を一年頑張ろうと思える年明けになりました。


初日の出の後は、中島の大好きなヤドリギスポットにヤドリギを見に行きました。
元旦からきれいなものをたくさん見ることができ、今年は良いスタートを切れたように思います。


プライベートなBLOGになってしまいましたが、年始の思い出として書きました。
今年は何事にも勇気をもって取り組みたいと思っています。
auのCMのやってみよう精神で
トライしたい気持ちでいっぱいです。
私がなりたかった花屋の理想の姿を思い出し、そこに近づくために、
夢と理想と現実とバランスをとって、本末転倒にならないように
日々花と植物とお客様と向き合っていきたいと思います。
2017年もどうぞよろしくお願いいたします。









fleurs et plantes