sous le gui スゥルギ

facebookページへ

2011.02.12 2011年2月12日

仕入れの旅 (2)

観葉植物だけでなく、花木の卸売ハウスにもおじゃましました。
見たことがないような長さの桜や、見たことがない品種の枝がたくさん。
花枝が大好きな私は、大興奮でした。


ハウスの横の大きな柳の木。お正月にはこの柳を切って出荷したそうです。
青空にのびのびと大きく風に揺れる姿。シンプルで綺麗でした。
奥にある桜の枝の長さ。びっくりです。


二色混じった椿。満開で美しすぎでした。
切り花で流通している椿を綺麗に開花させるのは本当に難しい。
植木ならではのうっとりな美しさ。
この横にはベトナム椿があって、肉厚で花びらが層になっている不思議な椿でした。
残念ながら画像がないです。


おびただしい数のはくれん。どんな場所に飾られ、
このつぼみをを咲かせるのかしら。
はくれんのつぼみは短い毛がふさふさでかわいい。
その姿は、花が咲かずとも枝ぶりとつぼみだけでも美しく惹きつけられます。
どんな場所でも見た人の記憶に残る一本になること間違いないです。


小さい新芽に、前日の雨で少し濡れた感じがすごくきれいだった桜。
花が小さくて繊細。個人的にとても好きです。
桜の種類は本当にたくさん。今年はどんな桜に出会うのか、楽しみです。

これから春にかけて、さまざまな種類の花木が開花し、芽吹いてきます。
街中でも季節の移り変わりを、視覚と香りで感じさせてくれる花木が私はとても大切です。

これからの季節、身近にある街路樹を観察してみて下さい。
日々変化し、移り変わっていくその姿に気がつく瞬間、季節が変わったことを肌で感じ、
きっと心癒されるはずです。

春が来るのが待ちきれない、そんな産地見学になりました。

 

SOUS LE GUI  片桐


fleurs et plantes